Funds

研究は様々な援助によって成り立っております。本ページにて、改めて、御尽力を賜りましたことに御礼申し上げます。

研究代表

官公庁系

2009-2010  科研費 若手研究(スタートアップ)→ 研究活動スタート支援

メタフォトニクスデバイス 光通信帯域における化合物半導体とメタマテリアルの融合

2,500,000 (JPY)

2011-2012  科研費 若手研究(B)

InP系化合物半導体をベースとしたメタマテリアル装荷型光素子の創製

4,300,000 (JPY)

2013  総務省 SCOPE 若手ICT(フェーズI)

Photonic wire bondingを用いたInP/Siハイブリッド光集積モジュールの開発

3,300,000 (JPY)

2013-2015  科研費 基盤研究(C)

化合物半導体キャリアによるメタマテリアルの動的制御を用いた小型光変調器の開発

5,200,000 (JPY)

2014-2015  JST Nanotech Career-up Alliance (Nanotech CUPAL)

Si系OAM光送受信モジュールの研究開発

10,000,000 (JPY)

2016  総務省 SCOPE 若手ICT(フェーズI)

Si系OAM光送受信の開発と光渦多重ネットワークノードの構築

3,500,000 (JPY)

2016-2019  科研費 若手研究(A)

メタマテリアルフィルムを用いたテーブルトップ型光学迷彩の実現

25,000,000 (JPY)

2018-2021  総務省 SCOPE ICT研究者育成型研究開発(若手研究者枠)

Si系光渦合分波器を用いた光通信帯における光渦多重伝送技術の構築

28,000,000 (JPY)

2019-2021  科研費 基盤研究(B)

近赤外/可視域における広帯域な迂回型光学迷彩の実現

15,000,000 (JPY)

Please reload

民間助成金

2012  コニカミノルタ科学技術振興財団

オンチップ光配線へ向けた、導波路型プラズモニックナノフォトディテクタの開発

1,000,000 (JPY)

2012  矢崎科学技術振興記念財団 奨励研究助成

メタマテリアルを利用したInPチップ上光無線受信器の創製

1,000,000 (JPY)

2012-2013  KDDI財団 調査研究助成

化合物半導体によるメタマテリアル機能素子

1,900,000 (JPY)

2013  日本板硝子材料工学助成

紫外線硬化樹脂を用いた光細線の形成方法についての研究

1,000,000 (JPY)

2013  村田学術振興財団 研究助成

メタマテリアルを集積した化合物半導体導波路型光メモリの研究

2,000,000 (JPY)

2014-2015  公益財団法人 光科学技術研究振興財団

透磁率制御による電圧印加型マッハツェンダー変調器の開発

1,350,000 (JPY)

2015-2017 SCAT研究助成

3次元ポリマー光細線を用いたSi LSI上光伝送システムの構築

2,300,000 (JPY)

2018-2020  公益財団法人東電記念財団

広範囲かつ広帯域で動作する光学迷彩の簡易実装技術

9,000,000 (JPY)

Please reload

所属機関における研究費

2009  東京工業大学 新任助教研究助成

左手系光制御素子 ~光通信帯における化合物半導体とメタマテリアルの融合~

1,000,000 (JPY)

2012  東京工業大学 工学系若手奨励賞

InP系化合物半導体をベースとしたメタマテリアル装荷型デバイスの創製

1,200,000 (JPY)

2013  東京工業大学 研究の種発掘支援

オンチップ光配線へ向けた、導波路型プラズモニックナノフォトトランジスタの開発

750,000 (JPY)

2014  東京工業大学 挑戦的研究賞

Photonic wire bondingを用いたInP/Siハイブリッド光集積モジュールの開発

1,400,000 (JPY)

Please reload

研究分担

2015  総務省 SCOPE 重点領域型研究開発(ICTイノベーション創出型)(フェーズI) (代表:宮本恭幸)

Hf系二次元高移動度半導体による極短ゲートFETの低電力・超高速動作

5,850,000 (JPY)

2015-2019  科研費 基盤(S) (代表:荒井滋久)

オンチップ光配線のための超低消費電力半導体薄膜光回路の構築

150,000,000 (JPY)

2018-2023  JST CREST (代表:胡 暁)

人工グラフェンに基づくトポロジカル状態創成と新規特性開発

260,000,000 (JPY)

Please reload

Copyright © 2015 T. Amemiya  All Rights Reserved.